パートの仕事から学び始める方も多いです

主婦のお小遣い稼ぎ方法としては、パートが代表的です。

主婦がパートをするときに気をつけるべきこと

パートの仕事から学び始める方も多いです 主婦のお小遣い稼ぎ方法としては、パートが代表的です。スーパーのレジ打ちや、工場内での軽作業といった誰にでもやりやすい仕事をして、家計の足しにしている人が多いです。主婦が少しでも稼いでくると、一気に家計が楽になります。やはり旦那さんが一人で稼いでいるときと比べて、世帯での可処分所得が増えるので、色々なことにお金が使えます。生活レベルをアップさせるのもいいですし、将来のために貯金をするのもいいでしょう。投資の原資として稼いだお金を使うのもありです。教育費に使っている人もいます。

ただ、主婦がパートをするときにはいくつか気を付けておくべきことがあるので知っておきましょう。まず、主婦はあまり稼ぎすぎるのもよくないということがいえます。なぜなら、あまりにも稼ぎすぎてしまうと、旦那さんの扶養から外れてしまうからです。103万円以上稼ぐと、自分で確定申告をして税金を納めなければいけません。130万円以上稼ぐと、国民年金や国民健康保険を自分で払わなければならなくなります。逆に損になってしまうこともあるので、年収をどの程度のラインに収めておくのかは事前に考えておく必要があるでしょう。扶養を外れると手続きが面倒になるので、パートをするとしても年収額で100万円以下に抑えるのが一般的です。